てこてこ歩き

大学院生がつらつらと日常を綴ります

日本学術振興会特別研究員DCの過ごし方

f:id:TeKoTe:20210331221536p:plain

 

@ちょっとずつ作成をしています!!(2021年3月31日更新)

質問があればコメントください☺

@この記事は、下記のページを参考にして作成しています。

遵守事項および諸手続の手引 | 特別研究員|日本学術振興会

 

 私は今、大学院生なのですが、日本学術振興会特別研究員DCでもあります。

これは研究者の登竜門に値する制度で、

研究者を志す修士2年生や博士1年生が4~5月に申し込みます。*1

DCになれると、研究奨励金として毎月20万円を、DC1の人は3年間、DC2は2年間もらえます。*2

それとは別に、特別研究員奨励費を申請して、研究費(最大年額150万円)を得ることができます。 

ここまでは色んなサイトに書いてありますが、私が困ったのはDCに採用した後の過ごし方は一体どうなってるの?ということでした。なので今回は採用後のスケジュールのポイントをまとめてみます。

 

目次

 

DC開始前まで

・2月:説明会や相談会が開かれる大学もある

・5月:申請書の執筆・提出(締切日は各大学や研究科によって変わります)

・10月:結果がインターネットで開示される(書面審査合格)

・12月:書面審査で不合格だったけど面接審査の権利を得た人の面接審査

・1月:結果がインターネットで開示される(面接審査合格)

※令和3年度からは、面接審査はなくなって全て書類審査になりました。なので、わざわざ面接で東京に行ったり、プレゼンテーションの練習をしたりしなくてもよくなりました。

・1月:特別研究員奨励費の申請(1月末から2月初旬)@WEB申請

…大学から連絡が来て約10日で研究計画調書を提出する必要あり

ポイント1:特別研究員奨励費の申請ができます。最大で年間150万円までの申請ができ、申請に落ちることは(おそらく)ありません。でもだいたい、申請から数十万円は減額されます。このときに採用期間中の奨励費の総額が決まります。研究計画調書の内容はKAKENで公表されます。

・1月:来年度の「日本学術振興会特別研究員遵守事項および諸手続の手引」が公表

・2~4月:採用手続き(年度ごとに変更があるので注意)

…書類郵送と専用サイトでのWEB登録(学振からメール)

  • 在学証明書(日付が4月1日以降のもの)
  • 採用時特別研究受入承諾書(学長印をもらう→大学の学振担当へ
  • DC資格確認書(研究科長の印をもらう→研究科の教務へ
  • 研究遂行費に関する調書(WEB上でも申告)
  • 扶養控除等申請書
  • 〔WEB〕誓約書
  • 〔WEB〕研究遂行費の希望の有無(紙面上でも申告)
  • 〔WEB〕振込銀行調書→研究奨励金の払込先の指定

ポイント2:ここで研究遂行費の申請の有無を選択できます。研究奨励金を生活費ではなく、研究費(研究遂行費)として使うと、その分が非課税になります。非課税になるということは、研究費で使った分は所得とはみなされないので、所得税とか住民税*3がお安くなります。でもこれには条件があり、年間20万円×12か月=240万のうち、3割の約72万円以上を研究費として使わなくてはなりません。72万円未満だった人は、追微課税といって税金を払う必要があります。研究遂行費を申請しなかった人に比べて損をするわけではありません。もう1つ面倒なのは、ちゃんとレシートや領収書などを家計簿みたいに保存して、年度終わりに日本学術振興会に提出・報告しなくてはなりません。研究遂行費は、DCが始まる2~3月中に申請するかどうかを決めて、年度ごとに変更することもできます。

 

ポイント3:所得額が年額240万にもなるので、親の扶養控除から外れて独立する必要があります。親が自営業ではなく会社勤めのときは、子どもは健康保険証(社会保険)を使いましたが、それは使えなくなり、国民健康保険というものに加入します。手続きは住民票を置いている役所でできます。国民健康保険に変わることで病院の診察費が高くなるわけではありません。それと、健康保険証を解約するときは、親が働いている会社に「社会保険資格喪失届」を提出しなくてはなりません(親にお願いしてください)。

 

ポイント4:(私のときは秋ごろでしたが)マイナンバーの提供が求められます(義務)。マイナンバーカードか、紙ペラの通知カードをなくさないようにしましょう。

 

DC生活スタート

4月:(必要な人だけ)大学に授業料免除申請を提出

ポイント5:実家暮らしだった人は、1人暮らしをしたほうがいいです。授業料免除をするとき、親と一緒に住んでいるか、それとも親から独立しているかで申請枠が変わってきます。もし親と一緒に住んでいるなら、親の収入も加算されるので授業料免除には不利です。住民票を移して(自分が世帯主になる)1人暮らしを始めると、独立生計者として申請ができ、親の収入などは何も聞かれなくなります。住民票の変更は、役所で手続きができます。研究奨励金が大学の授業料でもっていかれるくらいなら、人生の経験値を増やすためにも1人暮らしをおすすめします。

4月:下旬から特別研究員奨励費を執行できる(大学からメール)

ポイント6:学振から、奨励費の額が決定したことと経費を執行できるよという通知がきます。たぶん大学側からは直接連絡はきません。経費を執行する方法は、所属研究科の会計係などに相談してください。ふつうは物品などの購入依頼書を会計係に出して、大学に購入してもらい、物品が到着したら受け取る方法と、自分が自腹で先に買って、立て替え払いの依頼書を出して、後で自分の銀行口座に振り込んでもらう方法があります。最近は立て替え払いはあまりするなという方向みたいなので、立て替え払いできるかどうかは大学に聞いてみてください。ただ、大学に購入依頼を出すと、予想よりも高い額で物品を購入される可能性があります。自分が調べた物品の額と、大学が調べて購入する物品の額が違うこともあります。大学によっては、この物品はこの会社で購入する決まりがあるみたいなルールもあるので要確認。

4月~12月:「研究倫理教育」のWEB講習(義務)(大学からメール)

10月:年末調整に必要な申告書類の提出(学振からメール)

…「令和〇年分給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を郵送

2月~3月:確定申告

ポイント7:学振以外でお金をもらっている人は確定申告をする必要があります。直接税務署に行って書類を記入・提出してもいいですが、国税庁確定申告書等作成コーナーでパソコンで記入・印刷して、郵送もできます。だいたいの人は、源泉徴収票(学振やバイト先からもらう紙)、医療費通知(いつどの病院で何円払ったかのまとめ表)、年金や社会保険料、生命保険などの支払い証明書に書いてある内容を記入して、原本を提出します。年末から年始にかけて色んなところから送られてくるので、捨てないようにしましょう。原本がなくなるのでコピーとかスキャンしておくといいです。

・4月:2年目の奨励費の経費執行 ※

※4月1日から2年目の奨励費を執行できます。事前に特別な申請は必要なし。

・4月:提出書類が再び

  • 在学証明書(発行日は4月1日以降のもの)

※令和2年度から原本をコピーして専用サイトから提出する形に変更

  • 研究報告書

ポイント8:特別研究員の義務として研究報告書を提出します。指導教員(受入教員)に評価欄を記入してもらう必要があるので、前もって準備をしましょう。この内容はインターネットなどで公表されません。(今のところ)

  • 〔WEB〕報酬受給報告書

ポイント9:その年度内でTAなどのアルバイトや謝金などの給与・報酬が発生したときは、職務と収入総額を全て報告しなくてなりません。

  • 実績報告書・実施状況報告書

ポイント10:科研費(特別研究員奨励費)を受け取る人は必ず提出します。提出しない人は2年目の奨励費を執行できません。ただし、4月1日から2年目の奨励費の執行ができます(みんな提出してくれるだろうという前提があるので)。ここで書いた内容はKAKENで公表されます。

  • (該当者のみ)奨学金等受給報告書 
  • (DC修了者のみ)就職等状況調査票

 

こんな感じで1年を過ごします!

 

【予定】今後更新するトピック

これから書く予定の記事です!

  • 研究奨励費の申請の書き方について
  • 物品を購入するときの注意点について

 

#日本学術振興会 #特別研究員 #DC #書類提出

*1:博士の学位を取得している(もしくは申請年度内で取得見込み)の人(博士3年生など)はPD、RPDに申し込むことができます。SPDはPDの中から特に優れた人が選抜された人がなれます(PDに合格した人の中から「あなたはSPDの候補になりました」みたいな通知がくるそうです。

*2:色々条件があるのですが、ここから所得税額が引かれた額をもらえます。ふつうは、研究遂行費を申請した人は毎月約2500円、申請しなかった人は毎月約5000円が研究奨励金から差し引かれます。

*3:住民税は前年度の所得に応じて決まります。DC1、DC2の1年目は住民税はかかりませんが、2年目以降に発生します。住民税の額は地域によって変わります。

オンライン英会話、ネイティブ先生に変えて思うこと

f:id:TeKoTe:20210331221122p:plain

今日はオンライン英会話の話

私は6年ほど前から1日30分のオンライン英会話をやっています。

これまでは1ヶ月6,500円💰ほどの非ネイティブ・プランでしたが、

数週間前にネイティブのプランに変えることにしました。

今日は変えた理由や、変えてみての感想をゆるりとお話します🍵

 

目次 

 

5年間の成長

もともとオンライン英会話を始めたきっかけは、

大学学部生のときに参加した海外留学でした🛬

 

英語は読めるけど話せないし聞けない…

そんな典型的なジャパニーズ英語脳だったので、

準備運動として最安値だったDMM英会話を始めました。

当時は月謝5,000円だったけど、今は6,500円まで上がってます。

 

私が選んだのは非ネイティブのスタンダードプラン。

主にフィリピンとセルビアの先生がいます。

Daily NewsやDiscussion、Free Conversation、

IELTSやTOEICの教材に手を出してみたりもしました。

 

当たりはずれはあるけどフレンドリーな先生は一定数いて、

たくさんのお気に入りの先生を見つけることができたので、

いつも予約で埋まってしまうなんてことはありませんでした。

 

朝起きて布団で横になりながら、大学のキャンパスを歩きながら、

研究出張で泊まったホテルから、色々な場所と時間にやりながら、

飽きずに続けてこれました。

 

5年近く経って、自分の英語力がどう変わったのかを振り返ると、

《話す力》は上がりました!

同じフレーズを何度も使って型や癖を身に付けるし、

会話でよく出てくる表現を先生の言葉から学んでいくので、

非ネイティブの先生との日常会話、あるいは

身の回りのものや出来事を英語で説明する力などの、

《自由に話す》力は伸びました (*'ω'*)

英語で話すことへの抵抗感もなくなりましたね。

ただし、自分以外の知り合いが周りにいない場面に限るw

 

英語脳に全然なってない

でもこの5年間、なんかもやもやしていました。

YouTubeや大学の有名な外国人教授の講演や、

大学のキャンパスで話されるネイティブ留学生の会話は、

さっぱり理解できなかったからです。

ペラペラしゃべる日本人の英語でさえ、理解が追いつかないときもありました。

TOEICTOEFLのスコアは、特別に何か勉強をしていたわけではなかったにせよ、

TOEICは700、TOEFL ITPは530くらいで、大学生としては普通のスコアでした。

 

それに、もともとコミュ障の私には日本語で意見を伝えることもままなりません。

英語で問われて説明するのはなおさら難しかった。

中国の留学生と英語で会話をするときも、なんて説明すればいいのか、

何を話せばいいのか出てきません。

あれ?オンライン英会話でやっていた日常会話は何だったんだろう症候群。 

 

BBCやCNNなどのニュース番組を理解できるのはごく一部だという話は

聞いたことがありますが、リアルな環境で英語を耳にしたり、

英語で話したりする力はついていなかったなあと、反省をしました。 

 

ここまで続けたからマスターしたい

お金をかけてでも、理解が難しい本場の英語に触れれば何か変わるかも。

英語勉強で今まで手を付けてこなかった、最後から2番目くらいの勉強法です。

それにプラン変更はすぐできるので、成果が出なければいつでも古巣に戻れるし…

 

ということで、1ヶ月前くらいからネイティブの先生のプランに変えました。

これは1日25分で月15,000円。今までのプランの2.5倍のお値段です。

(デイリーPLUSのクーポンで3ヶ月間20%OFFになったので、13,000円くらい) 

 

イギリス英語に憧れているので、イギリス出身の先生の授業を受けています。

ちなみにネイティブ・プランでも非ネイティブの先生の授業は受けられます。

あとは日本人の先生も選べるようになります。

(でもネイティブがよく使うフレーズとかを知らないときがあるので注意です。)

イギリス英語はカッコいいし、アメリカ英語より聴き取りやすい。

ボリス・ジョンソン首相のコロナウイルスのスピーチは

カッコよくて、何度もYouTubeで見返してますw

あの抜けるような発音、軽い舌使いに高貴さがありますね。

 

話は全く理解できないけど…

いざイギリス人先生の授業を受けてみると、話がほぼ理解できない…

最初のCan you hear me, see you clearly?的な挨拶はテンプレで理解できるし、

Daily Newsなどの教材の進行 (direction) もこれまでと同じなので分かる。

 

でも、私が「あなたはどう思う?」なんて聞いて先生に意見を求めるとき、

先生から出てくるペラペラ英語はちっとも分からない。

非ネイティブのときの理解が8割だとしたら、もう2割くらいなのでは…

もし「あなたはどう?」なんて急に聞き返されたら、絶対答えられないレベルw

 

やっぱり全然聞き取れないなあとテンションが下がったと同時に、

絶対理解してやる!という気持ちが湧いて、

英語学習へのモチベーションが上がりました🔥

 

ネイティブ先生の授業を受けて分かったこと

しばらくして、非ネイティブの先生の授業との違いが少しずつ分かってきました。

私なりに整理してみます。(hatenaブログは表機能が使えないのが残念…)

 

f:id:TeKoTe:20200604191536p:plain

ネイティヴと非ネイティヴの先生の違い

まず、まだまだ私はネイティブ先生が何を話しているのか理解できていません。

ミスの指摘も、非ネイティブの先生の頃より少ない気がします。

先生のタイプにもよりますが、

チャットボックスに修正文やイディオムを書いてくれる先生はあまりいません。

自分の英語力が上がっているということなのか、向こうの理解力が高いからなのか…

 

どうして話の中身が理解できないのかというと、

ネイティブの先生は文節を切らないですらすら話すからです。

単語がぜんぶつながって聞こえるので、

ひとつひとつの単語を理解しようと思ったらゲームオーバーです。

非ネイティブの先生の場合は、意味のまとまりごとに丁寧に区切って話してくれるので、

こんな感じの話をしてるなということが感覚的に分かります。

でもネイティブの先生は全然そういったことはゲス (guess) できません。

 

他の違いとしては、ネイティブ先生だと

フリートークの話題が教養とか人生訓とかの深い話になることが多いです。

非ネイティブの先生は問いかけの仕方によってはできなくはないと思いますが、

英語の勉強法とか英語に自信がないとか、

そんな感じの話になって励まされることが多かったですね。

今日もイギリスの先生と「どうしたら心にゆとりを持てるんだろう?」みたいな

話題で会話をしていました。会話はなんとか成立していたはず…

 

やはり、ネイティブ先生の特徴として高い教養がありますね。

高水準の教育を受けてきているし、

なかには世界トップレベルの大学出身の先生もいるので、

物を見る目が深くて、視野も広い。

海外ドラマや映画でよく出てくる名言フレーズがよく生まれます。

深い話になるほど表面上の言葉では説明が難しくなるので、

ますます英語を使いづらくなります。この苦しみが最高です(Mの人は)。

 

そういう話ができる先生の態度の緩さというか、自然体的なところも良いですね。

非ネイティブの先生のときは、少しせかせかしているというか、

どこか焦っているような話し方と授業の進め方だったなあと気づきました。

 

最後は、声の重なりです。

ネイティブ先生と会話(もどき)をして感じたことは、

話始めのオーバーラップをよくするということです。

私が話そうと思って何かしゃべり出すと、

先生も突然しゃべり出して正面衝突します。

非ネイティブの先生であれば、何か言葉にしようとしている意図をくんで

待ってくれることが多かったのですが、ネイティヴの先生は待ってはくれません。

これは、会話のリズムについていけていないことで起こります。

 

個人的なイメージですが、英会話には会話を途切れさせないという特徴があります。

日本語だと誰かが話したら話し終わるのをちゃんと待ちますが、

英語の場合は、誰かが話を終えようとしているところにかぶせて別な人が話し出す、

そんなシチュエーションが多い気がします。

英語にテンポの良さを感じる原因はそこにもあるのではないでしょうか。

 

教材からではなく先生から学ぶ

今まで分かることだけをやっていたんだなと反省しました。

大学生が、小学生の算数をしている感じですね。

甘ったるい世界でのうのうと生きていました。

 

今ネイティブの先生の授業に満足しているわけは、

「教材から学ぶのではなく先生から学んだほうがよっぽど成長できそうだ」

と感じているからです。

今までレッスン教材に取り組んでも本当に上達するのかどうか、すごく心配でした。

きっと、今までと同じ机の上で問題集を解いている状態だったからかもしれません。

 

ネイティブ先生が何を話しているのか、まだ全然理解できていません。

でも、今は教材からではなく、先生が話す言葉、先生からの問いかけ、

先生からの返事を通して学んでいるんだなと感じられています。

 

ネイティブの先生たちが何を話しているのか聴き取りたい!👂

それに対して面白い返事や映画に出てくる名言フレーズをかまして驚かせたい!🎬

そんな新しい目標があります。

こんな感覚は、非ネイティブ先生の授業のときはありませんでした。

英語を上手くなりたい、そんな漠然とした形のない目標だけが

フワフワと5年、浮いていたのかもしれません☁

 

皆さんも非ネイティブ先生の英会話でもやもやしているなら、

ぜひネイティブ先生に挑戦してみてください! 

 

〔2021.3.29更新〕

この記事を書いてからしばらく経ちますが、まだネイティブプランを続けています。

去年からの成長を少しまとめると、

①CNN10のニュースが少しずつ聞き取れるようになった

②少しくらい発音を崩しても聴き取ってもらえることが分かった

 

①は、前よりも英単語が浮かび上がってくるというか、どういう単語が発せられているのか、抜き出せるようになってきました。なので、今はどんな話をしていて、その中でどんな問題が起きていて、それについて専門家はこう考えていて、その問題はどう解決されるべきかみたいな話があって、最後に記者(リポーター)からの報告があってみたいな、1つのニュースの流れの中で出てくる大切な言葉が少しずつ拾えるようになったので、それを基に内容を理解したり推測できるようになってきました。

 

②は、今まで英単語をはっきり発音しないと理解されないんじゃないかと不安だったのですが、ネイティブのように崩せば普通に理解されるんだなと分かり、安心しました。例えば、becauseをコズ・クズ、tell himをテリム、みたいに1つ1つの英単語をハッキリ言わずに、ネイティブみたいに発音をさぼって滑らかに言っても普通に理解してもらえます。

 

また何か変化を感じたら、更新します~

 

#DMM英会話 #ネイティブ・プラン #英会話 #大学生